ニュース

コラボ企画  
2019.12.14   
Newsの黒線
*ランバノグナイト@ココウェルカフェ*
「ヘルシーなココナッツ料理を食べながら、新発売のココナッツの花蜜蒸留酒「ランバノグ」を楽しむ一足早いクリスマスパーティーを開催します!🎄🎄🎄✨ 「ランバノグ」って何?という方、興味はあったけどまだ飲んだことがないという方、お酒好きの方、成人の方でしたらどなたでもご参加いただけます。 ココウェル代表水井から、ランバノグにまつわるお話もさせていただきます。

コラボ企画  
2019.12.7   
Newsの黒線
*Christmas Sale @ココウェルカフェ*
木の温もり溢れるFrancis+Daleの食器が、クリスマスやお正月の食卓を彩ります。 今回のセールでは、みんなが集まるパーティーで使える大きなプレートや、お一人メニューでも手軽に使えるカッティングボードなど、大変お得な特別価格で販売します。 さらにアウトレット品やワケあり商品も販売いたします。

ちいさな映画館  
2019.12.7   
Newsの黒線
命か、それとも歌か。
ガンで声を失った韓国人天才オペラ歌手と、 彼を信じて支えた日本人音楽プロデューサー。
不屈の魂から生まれた、奇跡と感動の実話。
グアテマラの貧困地域で、2ヶ月たった1日1ドルで生活した若者たちの実践ドキュメンタリー
“アジア史上、最高のテノール”と称されヨーロッパで活躍していたオペラ歌手のベー・チェチョル。彼がまさに頂点を極めようとしていたとき、悲劇は訪れた。 甲状腺ガンに侵され、手術によって声帯の神経を切断、歌声を失ってしまう。 「もう二度と舞台に立つことは出来ない」歌手として最も過酷な苦難を受ける彼に、彼の声を愛した一人の音楽プロデューサーが手を差し伸べた。音楽で結ばれた二人の絆が、世界にも例のない奇跡を生み、感動のステージが幕を開く。

12月のココウェルプレート  
2019.12.01   menu
Newsの黒線
12月のココウェルプレートのご案内です。
寒い日に嬉しいビーフシチュー。 お肉はリキッドココナッツオイルに漬け込み柔らかく仕上げました。 野菜の副菜たちがプレートを彩ります。


*cocowell cafeのお話会 +ランチの会*
毎回テーマを変えながら月一回のお話会を開催します。
月替りのプレートランチつきです。
各回 10:00〜12:00 参加費 2,000円 (税別)


●2019年10月26日(土)cocowell 15周年記念企画
ココナッツと歩んだ15年
講師:ココウェル代表 水井 裕

ココナッツの健康効果や産地であるフィリピンの背景など。ココウェル15年の歩みを振り返りながら、
ココナッツのこと、フィリピンのこと、代表水井が語ります。

●2019年11月23日(土・祝)
油選び、ちゃんとできてる ?
講師:ココウェルスタッフ 森本 直子

ここ数年続くオイルブーム。どれも「体にいい」と言われるけれど、結局私に必要なものってどれ?本当にいいものを選べている?という疑問にお答えします。


●2019年12月14日(土)
ココウェル×SDGs
講師:ココウェル代表 水井 裕
※ゲストスピーカー も予定しています。

最近よく耳にするSDGsとは?私たちにできることとは?ココウェルの活動を交え、SDGsを学びます。


コラボ企画  
2019.11.17   
Newsの黒線
*『純オーガニックコットンの心地よい安心感』メイドインアースのお話とワークショップ*
「オーガニックコットンとは、どういうものなの?」「ナチュラルな素材ということはわかるけども、何がいいのかよくわからない?」という方に大阪で初めて、日本オーガニックコットン協会理事長でもあるメイドインアース(㈱チーム・オースリー)代表、前田 剛さんに『純オーガニックコットンの心地よい安心感』と題してのお話と糸紡ぎのワークショップ、ブランドマネージャーの前田けいこさんには、女性の間で広がっている布ナプキンの特別ワークショップを開催していただきます。

コラボ企画  
2019.11.16   
Newsの黒線
*ランバノグと紙芝居の夕べ Cinéma The Subells(シネマ ザ スーベルズ)絵本ライブ*
バンド演奏に乗せての紙芝居の読み聞かせ♪ シネマ ザ スーベルズの絵本ライブを開催します! 歌あり掛け合いありでお子さま大喜びの絵本ライブ。 大人の方にもお楽しみいただけること請け合いです。
大人の方はランバノグ(ココナッツのお酒)を飲みながら、童心に戻ってみるのはいかがでしょう?

ちいさな映画館  
2019.11.9   
Newsの黒線
56日間、56ドルの所持金で貧困をサバイバル体験
グアテマラの貧困地域で、2ヶ月たった1日1ドルで生活した若者たちの実践ドキュメンタリー
4人の若者がグアテマラの田舎へ約2ヶ月間の旅に出た。1日に使えるお金はたった1ドル。56日間を所持金56ドルでどう生き抜き、貧困から抜け出せるのかを探っていく。アメリカの若者にとって、この現実は想像を絶することだが、実際に世界中で貧困に苦悩する人々が存在するのだ。空腹、寄生虫、生活難による極度のストレスという厳しい現実に直面しながらも、出会った人々から、少しでも世界を変える方法があるんだと希望をもらう。

11月のココウェルプレート  
2019.11.01   menu
Newsの黒線
11月のココウェルプレートのご案内です。
鮭の包み焼きはココナッツオイルとレモンの風味で。 柿や里芋、きのこのポタージュで深まる秋の滋味を味わうプレートです。
  
コラボ企画  
2019.10.25   
Newsの黒線
10/25(金)~31(木)ハロウィン限定メニューが登場。
ココナッツアッシュ(ココナッツの活性炭)を使用した真っ黒メニューでハロウィン気分を盛り上げよう👻! ココナッツアッシュは普通の木炭より多孔質で、デトックス効果が期待できるそう。 ハロウィンメニューで体の中からも悪霊を追い出しちゃおう!

ちいさな映画館  
2019.10.19   
Newsの黒線
種は人類の命そのもの。 しかし種子の94%が20世紀に消滅。
種子の多様性を守るために私たちのすべき選択とは?
私たちの命そのものというべき種は、1万2千年以上もの間、世界中の人々によって大切に受け継がれてきた。しかし、驚くべきことに20世紀中に野菜の種子の実に94%がすでに消滅。気候変動や、世界の種子市場を多国籍企業が独占するようになったことが大きな要因だ。市場には遺伝子組換え作物(GMO)が登場し、多くの国々で農家が種子を保存し翌年蒔くことが禁止されるようになった。結果、古くからの農業の伝統が途絶え、人類史上最も早いペースで種子の多様性が失われている。

10月のココウェルプレート  
2019.10.01   menu
Newsの黒線
10月のココウェルプレートのご案内です。
ミックスフライはパン粉の代わりにココナッツフレークで糖質オフ。 香りのしないココナッツオイルでからりと揚げました。 きのこやいちぢく、秋の美味しいプレートです。


コラボ企画  
2019.09.29   
Newsの黒線
*【comeconoco x cocowell コラボ企画】 米粉のアメリカンココナッツクッキー作りワークショップ*
Yukiko先生(comeconoco)をお招きしてのワークショップ。 グルテンフリー食材である米粉の活用法やお菓子作りのコツを教えていただきながら、ココナッツたっぷりでザクザクした食感の美味しいアメリカンクッキーを楽しく作る。


ちいさな映画館  
2019.09.10   
Newsの黒線
フランス人カップルが日本で見つけた持続可能な暮らしの未来像とは? 甚大な被害をもたらした東日本大震災。今までの生活を見直し、よりエコロジカルで持続可能な暮らし方に移行した日本人は少なくない。 この変化に注目し、日本中を旅した30代のカップル、マチルダとジョナサン。日本とエコロジーが大好きな彼らは、 将来、持続可能な生活をすると決めている。エコロジカルな暮らしの実践者たちに会うため、8ヶ月間、ボランティアをしながら日本を縦断する。

ちいさな映画館  
2019.08.20   
Newsの黒線
世の中にあふれる暴力、戦争、憎しみをなくすために、ジェレミーは平和に関する映画を撮ることを決意する。
2001年、ピースデーが9月21日に制定されることが国連総会決議で採択されると、 彼はアンジェリーナ・ジョリーなどのセレブやグローバル企業などのサポートを 得て、世界中にピースデーを根付かせるための行動に出る。 彼はジュード・ロウと共に、アフガニスタン政府とタリバンにピースデー休戦の 約束を取り付けるべく行動を起こすが、それは誰もが不可能と思える挑戦だった。 果たして彼らの願いは届き、紛争を止められるのだろうか?

7月のココウェルプレート  
2019.08.01   menu
Newsの黒線
8、9月のココウェルカフェは!\ココナッツカレーフェア/です!
人気の定番カレーに加え、限定カレーも登場!2種類のカレーを同時に楽しめるあいがけカレーもありますよ♪すべてのカレーに嬉しいミニデザート付き(^^)♪ 夏はやっぱりカレー! ココウェルカフェ自慢のココナッツカレーを是非、全種類お楽しみください♪
*8月のカレー*
・海老とトマトのスパイシーカレー
・チキンのココナッツクリームカレー
・ほうれん草とカシューナッツのベジカレー
・和風キーマカレー
ちいさな映画館  
2019.07.19   Event
Newsの黒線
ノーベル平和賞2018の受賞者、ナディア・ムラドは2014年8月までイラク北部の小さく静かな村、コチョ村で母と兄弟姉妹達と幸せに暮らしていた。しかし、ISIS(イラクとシリアで発生したイスラム過激派組織)がやって来て、少数民族ヤジディ教徒の虐殺が始まる。少し前までの彼女の夢は、自分の村で美容室を開くことだった。普通の生活に戻る日を待ち望みながらも、故郷を奪い、家族も殺したISISの虐殺を止め、まだ捕らえられている同胞や、世界中の性暴力被害者のため、彼女は表舞台に立ち続けることを決意する。

7月のココウェルプレート  
2019.07.01   menu
Newsの黒線
7月のココウェルプレートのご案内です。
デシケイテッドココナッツ(ロング)が入ったハンバーグにココナッツオイルで揚げたパリパリごぼうをのせました。ココナッツオイルの玉ねぎソースをかけてお召し上がりください。 夏野菜のジュレや人参ラペ、ミネストローネがプレートを彩ります。


*Cartoon Bento Making Workshop in English ココナッツを使ったビーガンキャラ弁ワークショップ*

ココウェルカフェ初の英語でのワークショップを開催します! 外国人向け料理教室などを運営されているBentoYa cookingの講師の方をお招きし、羊のショーンのビーガンキャラ弁を作ります♪
・訪日、在日外国人の方
・英語のワークショップを受けてみたい方
・外国人の方とコミュニケーションをとってみたい方
・ビーガンキャラ弁を作ってみたい方
ぜひ、ご参加ください! 日本語によるサポートもありますので、英語が苦手な方もご参加可能です。 ココウェル代表水井から、ココナッツへの想いなど、英語でのお話もありますよ♪


令和元年収穫の梅で 梅酒づくりワークショップ〜

*五代庵×ココウェルカフェ*
新元号の「令和」は万葉集の梅を愛でる歌から生まれました。 令和元年に収穫された梅の梅酒づくりワークショップを開催します。

天保五年創業、紀州南高梅の梅干しの販売をされている五代庵さんの梅と、ココウェルのココナッツシュガーで無添加の梅酒を作ります♪(写真は氷砂糖を使用していますが、当日はココナッツシュガーを使用します。)

五代庵さんの自家農園で直前に収穫された青梅を使用。
恵みの雨によってふっくらとした青梅はスーパーなどに並ぶ、早い時期に収穫された梅とは一味違う美味しさだそう。
1.8リットル入りの瓶に仕込んだ梅酒を各自お持ち帰りいただき、ご自宅でお楽しみください♪

五代庵のスタッフさんより、梅にまつわるお話も聞かせていただきます。 梅とココナッツの当日限定プレートランチつきです。

ちいさな映画館  
2019.06.14   
Newsの黒線
「身の丈の暮らし」をテーマにしたロードムービー。
このムービーはタイニーハウスの紹介映像ではなく、そこに暮らす人たちの想いにフォーカスされています。出会った人たちは暮らしをより豊かに楽しくするアイデアを持っていて、自分らしくユニークな方法で人生の主人公になっていました。そこにはタイニーハウスという言葉では括れない、多様な生き様が映し出されています。

タイニーハウス:「小さな家」の総称、ツリーハウスやハウスボート、地面に基礎のあるものやトレーラーの上に載っているものも全て含まれる。


6月のココウェルプレート  
2019.06.01   menu
Newsの黒線
6月のココウェルプレートのご案内です。
八角などのスパイスの香り高い焼豚、芋餅、ココナッツミルクプリンなど、ほんのり台湾風のランチプレートになりました。
ちいさな映画館  
2019.05.18   
Newsの黒線
ストリートチルドレンのアリ地獄に飲み込まれる子ども達。 バングラデシュの大都市のダッカが抱える闇を描いた映画。
農村での生活を捨て、大都会ダッカへ足を踏み入れた少年ラジュ。仕事を探していたラジュは、路上で暮らすストリートチルドレンにイアシンという男を紹介され、自分でも気づかぬうちにあらゆる違法な商売に手を染め、アリ地獄のような、決して逃れることができない闇の生活に落ちていってしまう。 バングラデシュでストリートチルドレン支援活動を続けるNGOエクマットラが製作し、実際のストリートチルドレンたちが演じている。
上映会主催料の約半分は、ストリートチルドレンのための職業訓練センターへの寄付となります。
5月のココウェルプレート  
2019.05.01   menu
Newsの黒線
5月のココウェルプレートのご案内です。
チキンカツの衣にはココナッツフレークを使用し、さっくり揚げました。スパイシーソースを添えて、ココナッツ入りライ麦パンが美味しいランチプレートです。
ちいさな映画館  
2019.04.20   
Newsの黒線
コスタリカは、1948年に軍隊を撤廃した非武装永世中立国。 世界的にエコツーリズムの発祥の地として知られ、南西には地上で最も生態系が豊かな場所とされるオサ半島があり、一時期この豊かな自然も無計画な伐採や採掘で消滅する危機があった。この映画は半島保護に人生を捧げた人々の物語で、「コスタリカ国立公園の父」と讃えられるアルバロ・ウガルデやエコロッジのオーナー等が登場する。
4月のココウェルプレート  
2019.04.01   menu
Newsの黒線
4月のココウェルプレートのご案内です。
ココナッツオイルでこんがりソテーした鰆にトマトソースを添えました。 甘酸っぱいいちごのサラダや青菜と、マッシュルームの甘くないチーズケーキ。 色鮮やかな春のプレートです。
ちいさな映画館  
2019.03.16   
Newsの黒線
騒音は現代の重大な公害問題。急速に経済が成長し、技術革新や都市の拡張が進む私たちが生きる現代において、静寂な時を持つことは特別な事になっている。 グレッグ・ヒンディは静寂を求め、23歳の誕生日までの1年間、沈黙の誓いを立て、一言も発せずに徒歩でアメリカ大陸を横断。 作曲家ジョン・ケージが音楽の新たな境地を開いた独創性に富んだ無演奏の曲「4分33秒」、音楽は音を鳴らすものという常識を覆す「無音」の楽曲を創作。 あらゆる音に囲まれて生きている現在、静寂、音楽、騒音などの音に焦点を当て、健全に生きるための方法を探究するドキュメンタリー映画。
3月のココウェルプレート  
2019.03.01   menu
Newsの黒線
3月のココウェルプレートのご案内です。
ココナッツともち麦をふんだんに使用しました。 もち麦入りの雑穀ご飯には桜の花を混ぜ込んで混ぜ込んで。 お花見弁当のような、春を感じられるスペシャルプレートです。
ちいさな映画館  
2019.02.19   
Newsの黒線
北朝鮮のイメージは大概、独裁国家で、核開発を行う危ない国…これが本来の姿なのだろうか? この問いの答えを探しに韓国出身のチョ・ソンヒョン監督は、韓国人として本来行くことの出来ない北朝鮮に韓国人国籍を放棄し、 ドイツ国籍を得てドイツパスポートで入国。そしてエンジニア、兵士、農家、画家、工場労働者など“普通”の人々に出会うために取材を敢行し 予想外の北朝鮮の素顔を発見していく。 韓国出身者として、初の北朝鮮政府公認ドキュメンタリー映画。
2月のココウェルプレート  
2019.02.01   menu
Newsの黒線
2月のココウェルプレートのご案内です。
寒い季節に嬉しいグラタンはココナッツミルクの優しい風味。寒さで甘みを増した丹波太ねぎはココナッツオイルでソテーしました。 人参のラペやゆで卵のオイル漬けを添えて。
ちいさな映画館  
2019.01.26   
Newsの黒線
「クジラの町」として400年の捕鯨の歴史を「誇り」にもつ和歌山県太地町と、イルカやクジラを保護したい過激な抗議活動で知られるシーシェパードのメンバーが太地町に降り立ち、小さな漁師町が国際紛争の舞台となったドキュメンタリー映画。
1月のココウェルプレート  
2019.01.05   menu
Newsの黒線
1月のココウェルプレートのご案内です。
ふっくら焼き上げた鶏の照り焼きはココナッツシュガーで甘みを付けました。 体の温まるかす汁はココナッツミルクで優しい風味に。 たたきごぼうやきんとんで新春らしさも感じるプレートになりました。